対応エリア

渋谷区でのゴミ屋敷・不用品回収について

渋谷区エリアの不用品回収の実情

Eco助なら、安心して全てお任せいただけます!
渋谷区で引越しするときのゴミの処分の方法とは? 渋谷区で引越しするときは思った以上に処分するものやゴミが多く出るときがあります。 いつかは使用すると考えて残しておいたものや、新しい暮らしが引越し先で始まるために気分を一新するので買い替えして残ったものなど、引越しするときはゴミが考えていた以上に出てしまうでしょう。 ここでは、渋谷区で引越しするときのゴミの処分の方法についてご紹介します。

渋谷区のゴミ(資源ゴミ)を処分する方法とは?

ここでは、渋谷区で引越しするときによく出るゴミ(資源ゴミ)を処分する方法についてご紹介します。
  • ダンボール、新聞の折込みチラシ、本・雑誌・パンフレットなど ひもでそれぞれの品目ごとに縛ってゴミに出しましょう。 特に、ゴミの搬入先が品目ごとに違っているため、品目ごとに縛るようにしましょう。
  • びん びんの中を洗って、透明の中身がわかる袋に入れましょう。 キャップがブラスチック製のものは可燃ゴミになります。 ガラス類の油で汚れている、割れているコップや電球、薬品や化粧品などのびんは、不燃物になります。
  • カン カンの中を洗って、透明の中身がわかる袋に入れましょう。 飲食料用スチール缶やアルミ缶以外の海苔やお菓子の缶なども、回収することができます。 なお、カセットボンベやスプレー缶などは中身を空にして、カセットボンベとスプレー缶のみを袋に入れましょう。
  • ペットボトル ラベルとキャップを除去して中を洗った後で潰して、透明の中身がわかる袋に入れましょう。 ラベルやキャップは可燃ごみになります。
  • 電球 新聞紙などで割れないように包んでおきましょう。 なお、不燃ごみとして白熱電球やLED電球は出しましょう。

渋谷区のゴミ(粗大ゴミ)を処分する方法とは?

家具などが粗大ごみになりますが、30㎝四方を一辺がオーバーするものも粗大ごみになります。 しかし、家電リサイクル法でテレビやエアコン、冷蔵庫などは処分する必要があるため、処分が粗大ゴミではできないため注意しましょう。 粗大ゴミを処分する方法は、次のようになります。
  1. 粗大ゴミ受付センターに連絡する 粗大ゴミを回収してもらうときは、ネットや電話で粗大ごみ受付センターに申し込みする必要があります。 このときに、ゴミ処理にかかる費用や回収してもらう予定日などについて案内してくれます。
  2. 粗大ゴミ処理券のシールを買って貼り付ける 粗大ゴミ処理券は、渋谷区にあるコンビニやスーパーで売っています。粗大ゴミ受付センターで指定された粗大ゴミ処理券シールを買って、それぞれの粗大ゴミに張り付けます。可能な限り、粗大ゴミの見やすい箇所に張り付けておきましょう。
  3. 粗大ゴミを運び出す 粗大ゴミ受付センターへ連絡したときに話したところに、粗大ゴミを運搬します。

廃棄物(ゴミ)の区分とは?

法律で廃棄物(ゴミ)の分類は決まっています。大きく分類すると、一般廃棄物と産業廃棄物にわかれます。人が生活するときに発生するゴミは、一般廃棄物になります。ビジネスなどで発生するゴミは、産業廃棄物になります。人が生活するときに発生するゴミは、燃えないゴミ、燃えるゴミ、粗大ゴミ、資源ゴミによって処分する方法が違っているように、処分する方法が一般廃棄物と産業廃棄物でも違っています。

渋谷区ゴミ屋敷を引き払い、引越しするときは

引越しするときには、ゴミが考えていた以上に出ることがよくあります。新しい暮らしが引越し先では始まるため、使い勝手がよくないものや壊れかけていたものは買い替えのチャンスになり、多くゴミが出てしまいます。ゴミが多くなるのみでなく、急な引越しで用意する時間が無く、自分の時間がゴミの処分に取られるときがあります。特に、粗大ゴミの重たいものなどは、自分で運搬する必要があるため大変です。女性の方は運搬ができないときもあるでしょう。しかし、引越しのために時間が全て取られることを考慮すれば、渋谷区ゴミ屋敷・不用品回収業者に頼むのが非常におすすめです。ゴミを処分するのは非常に大変です。そのため、渋谷区ゴミ屋敷・不用品回収業者に頼むことによって、手間や時間がかかる引越しの負担を少なくすることができます。渋谷区では、180cmを一辺の長さがオーバーするものは解体や切断をしないと回収してくれません。解体や切断するのはなかなか自分ではできないため、渋谷区ゴミ屋敷・不用品回収業者に頼むのも一つの方法です。 資源ゴミのみでも分別する多くの種類があります。粗大ゴミはそのまま廃棄することができなく、受付センターに一度連絡してから粗大ゴミ処理券を買って回収するところまで自分で運搬する必要があります。自分で運搬できるものはやはり限りがあり、非常に手間も時間もかかり、重労働で休日がつぶれてしまうときもあります。このような負担を軽くするためには、引越しするときに渋谷区ゴミ屋敷・不用品回収業者にゴミなどをまとめて回収してもらうのがおすすめです。さらに、渋谷区ゴミ屋敷・不用品回収業者では、ゴミの処分以外に引越しの手伝いもしているため、ゴミの処分だけでなく引越し作業まで全て頼むことができます。まずは、渋谷区ゴミ屋敷・不用品回収業者に見積もりを申し込みしましょう。処分するものの量や部屋の大きさによって料金が違いますが、3万円程度からワンルームの部屋であれば対応してくれます。手間や時間がどうしてもかかる引越しを、渋谷区ゴミ屋敷・不用品回収業者の力で解決してくれます。  

渋谷区ゴミ屋敷・不用品回収業者のサービス内容とは?

ここでは、渋谷区ゴミ屋敷・不用品回収業者のサービスについてご紹介します。

不用品の買取回収

不用品の買取回収は、買取できるものが回収する不用品の中にあれば買取したり、あるいは買取ができるものだけを査定して回収したりするものです。しかし、頼んだものを全て買取してくれるとは限っていないため注意する必要があります。買取できる不用品があったときは買取査定を行って、買取金額を不用品回収料金から差し引きしてくれます。当然ですが、回収料金が相殺されるので、買取金額の方が高いときは儲けることができます。しかし、高額買取の条件としてはブランド品、市場価値の有無、使用年数などがあるため、買取できるかどうかや買取ができないときの回収費用は前もってチェックしておきましょう。 渋谷区ゴミ屋敷・不用品回収業者の中には、電話での見積もりや料金のネットでのシミュレーションをしてくれるところも多くあります。 なお、不用品が多くあるときを除いて、家電品などのようにメーカーや型式などがわかると金額がある程度見積もれますが、 「実際に見ないと査定できない」と訪問して見積もりを要求するような業者には注意しましょう。 買取ができるかどうかの基準は少し業者によって違っていますが、買取できないのは次のようなものなどです。
  • 完全に壊れて使用できないもの
  • 中古品で需要がなくて再利用が困難なもの
  • 再利用が衛生上困難なもの(ピアス、下着、マットレスなど)
  • 汚れや臭い、傷があるもの
  • 6年以上製造してから経っているもの

遺品整理

遺品というのは、亡くなった人が日常的に使用していたものや身の回りのもの、家族のために残した財産など、亡くなった人に関係する全てのものです。 遺品整理というのは、身内や親族が亡くなったときに、生前に亡くなった人が使用していたものを整理することです。 亡くなった人が使用していたものを整理すると、改めて亡くなった人が生きていた証拠になるものと向き合うようになるので、再度残った人たちは寂しさや悲しみに包まれるようになります。 しかし、そのままの状態で遺品を残しておけば、亡くなった人の思い出が見るたびによみがえって、心が暗くなるときもあるでしょう。 遺品を整理しているときは、寂しさをほんの一時感じるでしょうが、亡くなった人が使用していたものを丁寧に整理することによって、気持ちが整理できます。 亡くなった人の思い出になる大事な遺品整理は、本来であれば時間を十分にかけて行いたいでしょう。 しかし、亡くなった人が賃貸アパートや賃貸マンションなどに住んでいたときは、部屋をすみやかに退去する必要があるので、遺品整理を早い段階で行う必要があります。 ここでは、遺品の方法についてご紹介します。
  • 貴重品 貴重品というのは、金品のみでなく、亡くなった人に関係する大切な書類や持っていた不動産の情報・権利です。 主な貴重品としては、銀行の通帳、印鑑、キャッシュカードやクレジットカード、健康保険証、パスポート、マイナンバーカード、年金手帳、有価証券、公共料金などの領収書や請求書、不動産などの権利関係の書類、契約書類、高い価値がある宝石や貴金属、美術品などがあります。 このような貴重品を整理するためには、手続きが法的に必要になります。 また、期日が設定されているときがあるので、必ず処理を優先的に行いましょう。
  • 思い出・形見の品 思い出・形見の品というのは、亡くなった人が残したものでも、特に愛用していたものです。 貴重品とは違って、亡くなった人との思い出を覚えておくための大事な品です。
  • 再利用ができるもの 衣類や家電品など、再利用がそのまま、または素材ができれば、渋谷区ゴミ屋敷・不用品回収業者に引取してもらいましょう。 リサイクルしないで保管しておく方がいいものも中にはあるため、注意して整理する必要があります。
  • 処分するもの 亡くなった人が使用していたものを処分するのは勇気がいりますが、不用であると思ったものは思い切って処分しましょう。 いろいろ残しておけば、収拾が後からつかなくなることがあります。 今後使用しないようなものや明らかなゴミは、潔く処分することも必要です。 生前のアルバムや写真、日記などのように、処分したくないがかさばるようなものは、データで保管する方法もあります。 データで保管すると、亡くなった人との思い出を処分しないで、きれいな状態で長期間残しておけるでしょう。

ECO助のゴミ屋敷の片付け

渋谷区ゴミ屋敷・不用品回収業者は、ゴミ屋敷の片付けも対応しています。ゴミ屋敷の片付けで困ったときは、いつでも相談してください。どのような状態でも、大量でも少量でも必ず片付けます。
  • プロが片付けてくれる ご依頼いただければ、誠心誠意対応いたします。 経験を多く積み重ねてきた片付けのプロが、どのような状態・どのような量のゴミ屋敷でも片付けをしっかりと対応します。作業が始まってから「聞いていない」「知らない」などのトラブルが発生しないように、担当スタッフ制を採用しています。見積りしたスタッフが顧客の担当になって、必ず当日の作業にも立会いをします。担当スタッフが、責任をもって見積もりから作業まで対応してくれるため安心です。
  • 大量の不用品はパック料金がおすすめ パック料金には、運び出し作業、階段料金、車両費が規定量内であれば全て含まれています。 当日になって料金が不当に高くなったりすることはありません。 回収量が当日になって少なくなったときは減額もしてくれるため、気軽に相談しましょう。 なお、石、危険物、金庫、液体などのようにパック料金では一部回収できないものもありますが、普通の家財であれば回収がほとんどのものはできます。
「安かろう悪かろうではないか」「こんなにどうして安いのか」「きちんとした業者なのか」など、不安の方もいらしゃるかと思います。 見積もりに関しては、完全無料で対応しており、柔軟な対応を行っておりますので、まずはお電話でお気軽にご相談ください。

見積もり完全無料!

作業前に必ず見積もりを提示。他社見積もりのご提示で、そこからさらに1万円以上の割引確約!

お見積り金額に同意していただいた場合のみ作業いたします。
事前にしっかりとお見積もり、作業内容をご説明いたします。「事前の説明と違う」という事にならないよう事前説明なしの作業は一切行いません。

買い取り全額キャッシュバック!

ゴミ処理業者へ渡す前に必ず査定します!

不用品だと思っていたものでも値段がつく場合もございます。
買取可能なゴミを買い取り、お客様に全額キャッシュバックいたします。
Eco助独自の回収制度です。

ごみ屋敷片付け実績
日本NO.1クラス

ハウスクリーニング、解体もお任せ下さい!

ECO助は片付け実績NO1です!もちろん回収後のハウスクリーニングも承っております。事前打ち合わせでお客様から詳しくお家の状況をお聞きし、お家に傷などつかないよう最新の注意を払い、安さだけでないサービスをお約束します。不用品回収後のケアまで安心してお任せ下さい。

時間指定OK!秘密厳守!

即日対応も可能です!

お急ぎのご依頼でも最短即日で作業可能です。またご指定のお時間にお伺いし作業いたします。またお客様の個人情報は機密情報として厳重に管理いたします。第三者へお客様の情報などが漏洩することは一切ございません。

お申込みまでの流れ

STEP
1

お問い合わせ

専用のメールフォーム、またはお電話・LINEで、現在のお部屋の状況を教えてください。作業日時がやご予算がお決まりであれば、お伝えいただければよりスムーズなご案内が可能です。

STEP
2

無料見積もり

現地にて正確なお見積もりをいたします。まずは、ゴミ買取制度抜きで単純な作業工数だけで算出します。 ご不明点などございましたら遠慮なくお申し付けください。

STEP
3

作業開始

作業開始 スタッフ・車両を手配し、指定日にて作業いたします。だいたいの場合、数時間~1日程度で作業は終わります。 お急ぎの場合は即日作業も対応可能です。

STEP
4

作業完了

お部屋の状況を確認していただき、ご納得いただければ作業完了です。 この際に気になる点があれば、なんなりとお申し付けください。

STEP
5

ゴミの査定買取

片付けで出たゴミを査定いたします。買取可能なものについては買取を行い、お客さまへ全額キャッシュバックいたします。

STEP
6

料金のお支払い

代金から買取金額を差し引いてお支払いいただけるので、お見積もりよりさらに安くなる可能性も!もしも買取分が作業費を上回っていた場合は、Eco助からお客さまへ差額分をお渡しいたします。

お見積りご相談はこちら
タイトルとURLをコピーしました